サキュバス喚んだら母が来た 無料ネタバレその5「はあぁん…ダメっ!イッちゃう…イッちゃう…!」

「お母さん、いい?」

「なんでわざわざ確認なんてするの。早く来て」

たかしが余裕のない動きで私の中にぐいぐいと入ってくる。

声まで獣みたいになっている。

 

 

…ああ、コッチまで獣だ。

「ああ、気持ちいい…」

思わず口から零れる。

 

「ああっ!」

思わず、声が出た。

 

 

そして、そのローターで内腿の周りをゆっくりと刺激した後、ストッキング越しに秘所へと当てられて、私はさらに大きな声をあげた。

 

 

「はあぁぁっ…!感じちゃうっ」

強い振動がクリトリスに響いて、今まで感じたことのないような快感が押し寄せてくるのを身体全身で感じ取る。

私は、たかしさんの腕をしっかりと掴んでいて、大きな声は気が付くと喘ぎ声へと変わっていた。

 

 

「はあぁん…ダメっ!イッちゃう…イッちゃう…!」

 

 

そして、だんだんと振動を強くすると、クリトリスの奥がジンジンしてきて、膣奥が熱く疼き、私は感じすぎて大きな喘ぎ声と共に初ローターでイッてしまった。

その言葉に満足そうにしながら、たかしはガツガツというのがぴったりな動きで腰を打ちつけはじめた。

 

 

グジュッ、グジュッという水音が部屋の中で何度も破裂する。

それに合わせて私のあえぎ声も何度も何度も響いた。

 

 

「あっ!あっ!ああっ!たかしっすごいっ…!ああああ!気持ちいいー!!」

「ああっ!お母さんすげえ…。超びくびくなってる!締めつけめっちゃ気持ちいい…!」

 

 

何度も突かれて否応なしに私の中がたかしをギュッ、ギュウウッ!と締めていた。

 

 

その度に私はたかしの形をしっかりと感じる。抗えない快感と共に。

「あああああ~!!」

 

「イッちゃったね…」

下着姿にされた私は、体を起こしてたかしさんにもたれかかる。

 

 

「じゃぁ、今度は直接当ててみるよ」

たかしさんはそう言いながら私の脚を開かせると、パンティの中へとローターを入れて直接当ててくる。

 

 

ウィィィィン…。

今度は振動が直に伝わってきて、さっきよりもさらに強い刺激に身体が震えた。

 

 

「あぁっ…はぁぁぁん…」

そして一際ギュッと強い締めつけがあって、私は達していた。

その刺激によってたかしの方も果てたのがわかった。

 

「脚は閉じない!」

「あぁぁ…ダメぇ…ココ、熱くなってきちゃう…」

ハァハァハァ…。

 

 

「奥…変な感じがする…下っ腹がゾワゾワしてくる」

涙目になりながら、たかしさんの目を見つめて訴えた。

 

 

私がそう言うと、たかしさんは私の両脚を手で押さえて、愛液で濡れた蜜壷に口をつけてきた。

「ダメっ…そんなところ舐めちゃ…いやぁ…」

 

 

顔を見合わせる。

「一緒にイクの、気持ちいいね」

たかしが笑う。

 

 

いつもの少年のような顔になっていた。

 

サキュバス喚んだら母が来た ネタバレ6はこちら