サキュバス喚んだら母が来た 無料ネタバレその9「あっ、あ、ああっ。す、すごいわ。お母さんこんなの、初めてよ――」

「あっ…」

思わず声を上げてしまった私を意地悪そうに見上げると、乳首を舌で転がし、指は秘部を触り始めた。

下着の上からクリを見つけると、やさしくなぞるように下から上へとなどっていく。

お酒で敏感になった私の身体は、素直に感じることしかできず、下着はあふれる私の愛液で汚れていった。

「ああ、いい……。いいわ、とても……。感じるわ」

甘くかすれた声で囁いて、私も彼の体に手を伸ばす。

彼の背中や胸元を撫で、自分から腰を揺らして彼の愛撫に応える。

「あっ、あ、ああっ。す、すごいわ。こんなの、初めてよ――」

 

 

彼は私の下着を脱がせ、足を開かせると、したたる愛液を舌で舐めとった。

クリを舌で転がされ、どんどん溢れてくる愛液を彼は美味しそうに吸い、飲み込んでいく。

それを何度も何度も繰り返され、イきそうになってもイかせてくれず、私の頭の中はぐちゃぐちゃになっていた。

「もう、イかせて…!」

 

「あ、う――うぅうっ!」

挿入の瞬間には低い呻き声が漏れた。

「ああ、いい。いいわ、たかしさん!」

熱いものがぬるぬると滑り、私の中を出入りする。

内側からじわじわと何かが広がってくるようなこの感覚も、この時しか味わえない。

彼は私にしがみつき、我を忘れて腰を振っている。

果てるのを見ると今度は下から激しく突いてきた。

そしてイってもイっても止めてくれず、彼は何度も私の中に吐き出した。

もう何度イったかもわからず、いつの間にか気を失っていたようで、気づけば私はベッドで横になっていた。

隣には彼がいて、私の頭を愛おしそうに撫でていた。