サキュバス喚んだら母が来た 無料ネタバレその11「あんん…中に出さないで…」

「あん、気持ち…いい…。中で、当たってる…あう…たまんないよ…」

お母さんは背を反り返らせ、漏れ出る喘ぎ声を抑えることができない。

「僕も…超、気持ちいいです。こういうのは、どうですか?」

今度はたかしが激しく下から突き上げるように高速で腰を振り、お母さんの上半身はまるでロデオマシンに乗っているようにランダムに跳ねた。

「あぅ…すごい…いく~…いぐぅ~」

「僕もいきそう…」

「あんん…中に出さないで…」

「あ…やば…そろそろ…いくっ」

 

「舐められているの見えるでしょ?」

「あぁっ…ダメ…そんな舐め方…あぁんっ…」

たかしさんのいやらしい舌の動き、いやらしい眼差しがよく見えた。

「あぁぁん…ダメ…そこ…そこ…イキそう…イッちゃう…」

私は息を荒げて喘ぎ声を漏らしながら、たかしさんのいやらしい舌の動きを堪能し、きゅっとアナルを締めるとイッてしまった。

その姿を確認すると、たかしさんは指を蜜壷へと挿入させる。

クリトリスでイッた後なのに、私の膣奥は自分でもわかるくらいにたかしさんの指を締め付けている。

「このまま、僕の太い指を感じながら膣でもイッてごらん…』

自分で弄った時よりもさらに大きな水音を立てられて、指が激しく動くとさらに締まっていくのがわかった。

「ダメぇ…イッちゃうぅぅぅ…イッちゃうよぉぉぉぉ」