サキュバス喚んだら母が来た 無料ネタバレその12「あぁぁぁ…だめぇ…イッちゃぅぅぅぅ‥‥イクっ!」

「お母さんさんの、卑猥な姿を僕にもっと見せつけて、気持ちよくイッてごらん」

成人雑誌に書かれてあった、淫猥な表現の活字が脳裏によぎる。

「あぁぁぁ…だめぇ…イッちゃぅぅぅぅ‥‥イクっ!」

イク瞬間、膣奥の方から、ジュワワワと潮が湧き出して溢れてくるのを感じた。

「すごいよ…お母さんさん」

たかしさんは抜いた手を私に見せてくれた。

かなりの潮が中から出てきたようで、手がビショビショになってポタポタと滴が垂れていた。

「お母さんさんのイキ顔もイク声も、素敵だったよ」

 

「だめですってば…っ」

カチカチに勃起したペニスが、後ろから膣口を分け入ってくる。

「んんんっ…!」

カリの張った太くて硬い熱いかたまりを、私の身体は求めていたようにズブズブと飲み込んだ。

「ひ、人が来たらっ、大変っ、です…!」

「良すぎてすぐ終わっちゃうよ、大丈夫」

たかしさんは、私を自分の太ももに座らせるようにしながら、後ろから左手で私の乳房を包んだ。そして、乳首を刺激しつつ、右手を前へ回してきて、クリトリスを指でしごくようにしてくる。

「あぁ…!」

私は、椅子に必死でしがみ付く。乳首とクリトリス、そして膣の奥の気持ちいい所をいっぺんに刺激されて、腰が砕けそうだった。

「やぁっ、声、出ちゃう、とまらなっ…、だめ、ぜんぶいっしょ、だめ、たかしさ…ぁん、いく、いっちゃうぅ…」